PRこの記事には商品プロモーションを含む場合があります。

書き方

【PV数を跳ね上げる】ブログ記事タイトルの決め方・13コのテクニック

Taka
会社員がブログ運営4カ月で月2万PV達成。4年目の現在は3サイトを運営しています。 こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事では、クリック率をあげるための記事タイトルつけ方(コツやテクニック)を紹介していきます。

過去にたった20記事で月3万PV以上集めたぼくが、実際に使っているテクニックなので再現性は高いと思います。

この記事の内容を意識するだけでクリックされる魅力的なタイトルを書けるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

Attention

このページでは ブログ 【記事】 におけるタイトルのつけ方 を解説します。
ブログ名(サイト名) のタイトル について知りたい人には、次の記事がおすすめです。

ブログの名前(サイト名)の決め方 【タイトルのテンプレ67コを紹介】

ブログは 記事タイトルが命(いのち)です。

なぜなら、読者はタイトルから「その記事を読むかどうか」を判断するから。

画像:検索結果における記事タイルの表示イメージ

ちなみに WordPressにおけるタイトルの入力スペースは以下になります。

画像:WordPressにおけるタイトルの入力スペースのイメージ図

タイトルで読者の関心を引けないと、どれだけ頑張って書いた記事でも 表示すらしてもらえないので、このフェーズはとくに力を入れましょう。

タイトルを決める際のコツ・ポイント

ここからは タイトルを付ける際のポイントを紹介していきます。

  1. 狙っているキーワードを盛り込む
  2. 内容にマッチしたタイトルをつける
  3. ブログ記事タイトルの文字数は30文字くらいにする
  4. 漢字・ひらがなのバランスを意識する

上記はタイトルを決めるうえで「とくに意識しなければいけない」要素です。

ここが抜けているタイトルは、見栄えが悪いうえSEO評価も低くなるので、ぜひ頭に入れておいてください。

狙っているキーワードを盛り込む

もっとも重要なのは「狙っている検索キーワード」をタイトルに含めることです。

キーワードがタイトルに含まれていると、Google検索エンジンが「この記事は〇〇のキーワードを狙って書かれた記事だ」と判断しやすくなります。

Taka
逆にタイトルキーワードを含めないと、そのキーワードで検索されても上位表示されるわけないですよね。

またタイトルにキーワードが含まれていた方が、読者が記事の内容をイメージしやすいです。

タイトルにキーワードを盛り込むことは、SEOとユーザー のどちらの観点でみても 効果的なんです。

[狙っている検索キーワード]

ブログ タイトル 文字数

[キーワードを含めたタイトル]

ブログ記事のタイトル文字数は30字くらいがベスト!【SEOの評価基準】

⇒ キーワード選定のやり方・手順を知りたい人はこちら

ブログキーワード選定のやり方7ステップ【初心者必見のコツ】

内容にマッチしたタイトルをつける

記事タイトルは内容にマッチしたタイトルにしましょう。

タイトルでユーザを引きつけておきながら、内容が一致しないと 「は?なにこの記事」とユーザの期待を裏切ってしまいます。

即離脱されてしまいますし、今後そのユーザが、あなたのサイトを訪れなくなります

Taka
ネットニュースとかでも、内容に合わない(または誇張した)タイトルで、印象操作している記事は多いですよね。

ユーザの関心を引くのは重要ですが、内容とかけ離れたタイトルは逆効果なので避けた方が良いでしょう。

ブログ記事タイトルの文字数は30文字くらいにする

タイトルの長さは30文字くらいがベストです。

その理由は30文字以上のタイトルは途中できれやすいから

画像:タイトルが途中で切れるイメージ図

そもそも パソコンやスマホなど、デバイスの大きさによって、タイトルに表示できる文字数は異なります。

  • パソコン:30文字ほど
  • スマホ :35文字ほど

文字が途中で切れて重要なワードが非表示となるのを防ぐためにも、PCとスマホのいずれでも表示できる30文字を目安にすると良いでしょう。

とはいえ、タイトルを短くしすぎても読者へのアピールが不足してしまいます。ユーザの関心を引くためにも、できるだけ魅力的なワードを盛り込みましょう。

〇:良い例

・ブログ記事のタイトル文字数は30字くらいがベスト!【SEOの評価基準】
 ↑ 32文字

×:悪い例

・【必見】SEOに最適なブログ記事のタイトル文字数はどれくらい?結論30文字程度になります。
 ↑ 41文字

・ブログ記事のタイトル文字数は30字が最適です 
 ↑ 21文字

漢字・ひらがなのバランスを意識する

タイトルを考えるうえで、漢字とひらがなのバランスを意識しましょう。

「漢字3割:ひらがな7割」くらいが望ましいですね。

漢字とひらがなのバランスで、タイトルが目に入った時の見え方ってけっこう変わってくるんです。

×:漢字が多すぎるタイトル

仮想通貨取引所徹底比較!厳選十社を紹介

〇:バランスが取れたタイトル

ビットコインの取引所10社を比較!ランキング【2023年版】

どうでしょうか。漢字が多すぎると ギュッとして硬い感じがしますよね。

ぱっと見で関心をつかむためにも、漢字とひらがなのバランスを意識してタイトルを決めましょう。

収益記事と集客記事【前提ノウハウ】

ブログ記事には

  • 収益用の記事:ブログ記事内の広告にユーザを誘導し、商品を買ってもらうための記事
  • 集客用の記事:ロングテールキーワードで上位表示を狙い、ユーザを集めて収益記事へ誘導するための記事

の2種類があります。

画像:集客記事と集積記事の関係性

とくにルールはないですが、集客記事と収益記事とで タイトルのつけ方が少し変わってくるので、ここを踏まえたうえで以下の内容を読み進めてください。

収益記事の例:【国内人気No.1】たった10分でできる〇〇取引所 口座開設のやり方

(収益発生を目的とした「ユーザが飛びつくような」キャッチフレーズ)

集客記事の例:ビットコインはオワコン?AIの予測をもとに将来性を解説

(集客をを目的とし、特定のキーワードで上位表示を狙う記事)

記事タイトルのテクニック集【テンプレート】

ここからは 魅力的なタイトルを付けるテクニックを紹介していきます。

  1. 数字をいれて具体的にする
  2. 感情的に表現する
  3. 権威性や実績をアピールする
  4. ベネフィットを盛り込む
  5. 読者に問いかける
  6. ターゲットを明記する
  7. 心配・不安をあおる
  8. 「~のやり方」「~の方法」など手順を明記する

上記のテクニックは、収益記事・収益記事のどちらでも使えるので、ぜひ参考にしてください。

数字をいれて具体的にする

タイトルに数字をいれるだけで、具体性と説得力が生まれます。

数字なしのタイトル

価格上昇中のビットコインとは?値上がりの理由と買い方を解説

数字ありのタイトル

1年で価値が80%も上昇したビットコインとは?高騰の理由と買い方を解説

どうでしょう。数字をまぜたタイトルのほうが「ビットコインの値上がりが半端ない」イメージが湧いてきますよね。

ほかにもこんな効果が!
  • 数字は視覚的に目立ちやすいので パッと見たとき に読者の目に入る
  • 数字を用いると記事の内容を 具体的に イメージできる
  • 「ランキングTop5」「~の上位10社を比較」といったタイトルは、(タイトルから)記事のボリュームを推測できる

タイトルが抽象的だとユーザの関心は引けません。数字を入れてできるだけ内容をイメージできるタイトルにしましょう。

権威性や実績をアピールする

ブログやSNSでは 実績のある人にユーザが流れます。

「これに投資したら儲かるよ」

普通のサラリーマンこんなこと言ってもだれも耳をかさないのに対して、実績のある投資家の発言だったら、みんながその銘柄を買いますよね。

このように権威性や実績がある発信者には信頼感が生まれるんです

ブログタイトルに権威性を含めるとクリック率も高まるので、可能なケースがあれば実績を盛り込みましょう。

権威性なしのタイトル

ぼくの経験をもとにブログの稼ぎ方を解説します

権威性ありのタイトル

【実録】ブログ歴2年で3000万稼いだ僕がブログの稼ぎ方を教えます

ベネフィットを盛り込む

タイトルに「読者がこの記事を読んで得られる効果や将来(ベネフィット)」を盛り込むとめちゃくちゃ効果的です。

ベネフィットを伝えることで、読者の潜在的な欲求を揺さぶり、行動意欲をかき立てられるんです

手に入れたい未来像を想像して、ついついクリックしちゃうんですね。

ベネフィットなしのタイトル]

毎日10分で痩せられる簡単フィットネス

ベネフィットありのタイトル

【1か月後は-5Kgでスリムに】毎日たった10分で痩せる簡単フィットネス

このようにタイトルでベネフィットを明示すると、読者の関心を引きやすくし、クリック率の向上につながります。

「~のやり方」「~の方法」など手順を明記する

具体的な「手順・やり方」を解説する記事は、「この記事はガイド記事です!」とタイトルで名言しましょう

読者は知りたいことを解決するために検索しています。

当然その中には「〇〇したいけどやり方が分からない」「不安だから手順を見ながらやりたい」といった悩みも多いわけです。

「〇〇取引所 口座開設やり方 10ステップで解説」

「ビットコインの買い方を40枚の画像つきで解説」

このようなタイトルを見ると、その記事が手順を解説している記事 だとひと目で分かりますよね。

記事タイトルに「読者が知りたいこと」が書かれていることを示すと、必然的にクリック率もアップします。

ターゲットを明記する

あえてターゲットを明記することで、該当する一部のユーザにヒットするタイトルが作れます。

同じ悩みをもった人はたくさんいますが、その時の状況は人それぞれ。

Taka
とくにニッチな悩みとかになると、自分の状況にマッチした記事ってなかなかないんですよ。

だから、このような「特定のターゲット」を狙った記事はクリックされやすいんです。

ターゲットを明記してない記事

確定申告のやり方や注意点を分かりやすく解説

ターゲットを明記した記事

会社員で確定申告する人必見!やり方や注意点を分かりやすく解説します

心配・不安をあおる

ひとは心配や不安に対して解決策を求める傾向にあるので、不安を煽るタイトルはクリックされやすいです

・【増税ばかりで将来が不安】 貧困層でもできる将来への備え10選

・行動しなきゃ一生独身です!30~40代がメインのおすすめ結婚相談所 Top5

こんな感じです。

タイトルに心配や不安を煽る要素を取り入れると、読者の関心が強くなるので適切なケースで使ってみてください。

感情的に表現する

感情的な表現には、読者の関心を引き、共感を生む効果があります。

タイトルに「これはやばい!」「マジですごい!」などの言葉が入っていると、「なにがそんなにすごいんだろう?ちょっとクリックしてみるか」となるわけです。

感情表現なし

男性人気No1の脱毛サロン 「〇〇〇〇」について紹介

感情表現あり

マジで効果が半端ない!男性人気No1の脱毛サロン 「〇〇〇〇」を紹介

たった1語でクリック率ががらっと変わるので、ぜひ使ってみてください。

読者に問いかける

タイトルに 読者への問いかけ をまぜると、クリック率が上がりやすいです。

なぜなら疑問形のタイトルは読者の共感をひきやすいから

タイトルの疑問文に共感して「自分もこの解決策について知りたい!」という気持ちになっちゃうんですね。

通常のタイトル

女性を一瞬でさめさせる男の行動 10選

読者に問いかけるタイトル

あなたも無意識でやってませんか?女性を一瞬でさめさせる男の行動 10選

読者に問いかけているタイトルの方が「え?俺はあてはまってないよね?ちょっと気になるわ」ってなりませんか。

このように 疑問形のタイトルは、読者の共感を喚起しする効果があるのでぜひ使ってみてください。

収益記事に特化したテクニック

ここからは収益記事に特化したテクニックを紹介していきます。

  1. 無料」や「お得」を前面に出す
  2. 「簡単」「すぐできる」ことをアピール
  3. 競合との比較結果を明示する
  4. 「ランキング」「おすすめ」で序列をしめす

これらは成約率やクリック率を高める 必殺ワード になるので、どんどん使っていきましょう。

上記は収益記事で使うケースがほとんどですが、集客記事でも使える場面もあるので、自然に組み込めるようであれば集客記事のタイトルにも入れていきましょう。

ではひとつずつ説明していきます。

「無料」や「お得」を前面に出す

「無料」「お得」は最強のマーケティング用語です。これを入れると入れないとでは、成約率におおきな差が出ます。

みんなが商品を買う際にもっとも重視するのが「お金がいくらかかるのか」です。

とくに金融取引などのお堅いジャンルにおいて、初心者はすごく警戒心を持っています。

無料を入れない場合

初心者でも簡単にビットコインが買える!口座開設の手順をわかりやすく解説

無料を入れた場合

初心者でも簡単にビットコインが買える!無料で口座開設する方法をわかりやすく解説

たった2文字ですが、無料という言葉があるだけで「お金がかからないのならやってみよう」となりますよね。

このように「無料」や「お得」というワードには、読者の警戒心をやわらげ、クリックを促す効果があります。

ちょっと応用

人は「〇%オフ」よりも「無料」の訴求に惹かれます。

これは行動経済学で実証されているので、ASP案件を選ぶ際は

無料キャンペーンを実施している広告 > 50% OFFのキャンペーンを実施している広告

ひとつの選定基準にすると良いでしょう。

「簡単」「すぐできる」ことをアピール

時間がかかる作業や複雑な手続きって、面倒くさくてめちゃくちゃ嫌ですよね。

これは読者も同じで、面倒な手続きの解説記事とかはクリックされにくいです。

そのためタイトルには、できるだけ「簡単にできる」「すぐに完了する」ことが分かる表現を入れましょう。

・「初心者がたった10分でできる!ブログの開設手順」

・「だれでも簡単に登録できる!〇〇の口座開設のやり方」

・「複雑な処理は不要!〇〇のやり方を画像ベースで解説」

手続きが容易なことを明記していれば「そんな面倒ではなさそいうだな。やってみるか」という気持ちになりますよね。

とても効果的なのでぜひ実践してみてください。

競合との比較結果を明示する

特定の商品を紹介する場合、ほかの競合商品と比べて優れているポイントを明記しましょう。

・【国内最大手】安心・安全の〇〇〇取引所で仮想通貨を買おう!講座開設のやり方を解説

・【生徒数5000人以上】いま若者に人気 〇〇スクールの評判|メリット・デメリットも解説します

「この商品が欲しい」「そのスクールに入りたい」と思うポイントは、人それぞれに異なります。

だから(紹介する)商品の強みが刺さる読者は必ずいるんです。

商品の強みは全面的に出していきましょう。

「ランキング」「おすすめ」で序列をしめす

比較記事のタイトルに以下のワードを盛り込むと、クリック率がアップしやすいです。

  • ランキング
  • おすすめ
  • 〇〇社を比較

似通った商品がたくさんある世の中、ユーザはできるだけお得に商品を買いたいと考えています。

でもいくつも選択肢がある中からひとつを選ぶのって疲れますよね

だから「この記事は最良の選択肢をまとめていますよ」と、記事タイトルで伝えてあげるんです。

・「もっとも手数料がやすい取引所はどこ?〇〇社を徹底比較」

・「〇〇業界を徹底調査!リーズナブルなのに高品質な〇〇ランキング Top10」

こんな感じです。

競合との比較結果をタイトルに明示することで、読者の関心をつかむことができます。

クリックされるパワーワード 20コ紹介

ここまで紹介したテクニックに加えて、読者の目を引くパワーワードも盛り込んでいきましょう。

クリック率が上がるパワーワード
  • 絶対に
  • 超有料級
  • 限定
  • 必須
  • 知らないと損
  • プロも使ってる
  • 裏側
  • 〇〇〇〇年最新
  • 効果的
  • 時短
  • 秘密
  • 暴露
  • すぐできる
  • 簡単
  • 無料
  • 稼げる
  • 損しない
  • 必見
  • 最も〇〇
  • 最短で

これらのパワーワードはタイトルに力強さをあたえ、読者の興味を引き付けます。

記事へのアクセス率をおおきく向上させる効果があるので、ぜひ使ってみてください。

タイトルの付け方 3ステップ

ここまでタイトルを付ける際のポイントを紹介してきましたが、じつはタイトルを付ける前に5つの前提フェーズがあるんです。

タイトルを付ける手順 6ステップ
  1. 書きたいジャンルを決める
  2. メインキーワードを決める
  3. 無料ツールで関連キーワードを洗い出す
  4. キーワードの検索ボリュームを調べる
  5. 検索ボリュームから執筆するキーワードを選定する
  6. キーワードごとに記事を書く ⇐ ココ で記事タイトルを考える

こんな感じです。

Taka
記事タイトルを付ける前には、結構やることがあるんですよね~。

重要なのは 「狙う検索キーワード」を決めてタイトルを考えること。

なぜなら「キーワード定めず適当にタイトルをつけた場合、まったく需要のない領域で記事を書く恐れがある」からです。

キーワード選定は時間がかかりますが、ここをサボるとブログで稼げないんですよね...

記事を書き始める前に、まずはキーワード選定から始めましょう。

⇒ キーワード選定のやり方・手順を知りたい人はこちら

ブログキーワード選定のやり方7ステップ【初心者必見のコツ】

注意点

記事タイトルを付ける際には、以下の2点に注意しましょう。

  1. 大げさなタイトルは逆効果
  2. 1記事で狙うのは1キーワードのみ

では、ひとつずつ解説していきます。

大げさなタイトルは逆効果

過剰なタイトルは読者の関心を引き付ける効果があります。が!大げさすぎる誇張は逆効果になるのでNGです。

たとえタイトルで釣っても、記事の中身が大したことないとユーザの期待を裏切ってしまいますし、表現を誇張しすぎると虚偽になることも

「タイトルと書いてること違うじゃん!つかもう噓じゃんこれ!タイトルだけで誘うなよクソが!」

となって離脱されるのがオチです。

思い切ったタイトルでクリックを誘うのは良いですが、内容から逸脱しないよう心掛けましょう。

1記事で狙うのは1キーワードのみ

1つの記事では1キーワードのみを狙いましょう。

2つ・3つもキーワードを狙ってしまうと、記事の方向性がブレて、読者 や 検索エンジン の理解を妨げる恐れがあります

SEO的にも良い評価がもらえないので、ここは徹底していきましょう。

ちょっと応用編

「検索意図が同じ関連キーワード」については上記に該当しません。

なぜなら

「検索意図が同じ = ユーザの悩みに対して同じ回答ができる」
⇒ 記事の方向性がブレないから。

【検索意図が同じキーワードの例】

画像:検索意図が同じキーワードの例

「検索意図が同じ関連キーワード」は、見出しや本文にも盛り込んで、一緒に狙っていきましょう。

検索時に関連キーワードがヒットすることも多いので、ぜひ実践してみてください。

⇒ この部分についてもっと詳しく知りたい人はこちら

QA

「記事タイトルの決め方」でよくある質問を下記にまとめました。

初心者の方が一度は悩むところなので、ぜひ参考にしてください。

タイトルに記号【】、「」・|を入れた場合、SEOの評価に影響はある?

結論:タイトルに記号(【】、「」・|)を入れても問題ありません。

実際に適当なキーワードの検索上位を見てみてください。普通に記号を使っている記事は多いですよ。

画像:検索上位に記号付きタイトルの記事が表示されている例

括弧(【】)、区切り(|)、句読点(、)はタイトルを整理し、読みやすさを向上させる効果があります

ただし、記号を入れすぎると視覚的に見にくいタイトルになってしまうので、見栄えのバランスは意識していきましょう。

タイトルに半角スペースを入れて分かりやすく区切って良い?

結論:1~2つ程度(多少)は問題ありませんが、入れすぎには注意が必要です。

その理由は、Googleから「キーワードの詰め込みすぎ」を疑われる可能性があるから

とはいえタイトルに半角スペースを入ると、文の区切れが分かりやすく、見やすいタイトルになるので適切なタイミングで使っていくと有効的です。

×:悪い例

学生 無料 ブログ 始め方 初心者 スマホ

〇:良い例

初心者必見! スマホでできる無料ブログの始め方

こんな感じで、Googleに誤解されないよう適度に使用していきましょう。

 

まとめ

ここまで魅力的な記事タイトルのつけ方を紹介してきました。

最後に重要なポイントを復習していきましょう。

タイトルを決める際のポイント
  • 狙っているキーワードは絶対盛り込むこと
  • 内容にマッチしたタイトルにすること
  • タイトルの長さは30文字くらいにすること
  • 漢字とひらがなのバランスを意識すること
  • テクニックのテンプレートを活用することパワーワードを盛り込むこと

以上、これらを意識するだけで誰でも魅力的なタイトルを作れます。

もし上位表示されない場合は、以下のステップを繰り返して何度もトライしてみましょう。

記事を書く
⇒ 4か月後に検索順位を確認する
⇒ 上位表示されてなければ別のタイトルに変える
⇒ 4か月後に検索順位を確認する

この記事は以上になります。ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/

-書き方

Copyright© タカログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.