CRYPTOCURRENCY

DeFiとは? 銘柄やリスクなど、魔界についてわかりやすく解説します!【仮想通貨】

Taka
みなさん、こんにちわ!Takaです。

最近では仮想通貨と一緒に、DeFi(ディーファイ)という言葉もよく聞くようになりました。
そんな中で、「DeFi(ディーファイ)という言葉は聞いたことあるけど詳しく知らない…」という人も多いくいるかと思います。

結論から言うとDeFi(ディーファイ)とは「金融取引を全自動で仲介してくれるシステムの総称」です。

この記事では、DeFiについて初心者でもわかりやすいように解説してきます。
興味のある人はぜひご覧になってください(^^)

<目次>

DeFiとは

引用元:Web illustrations by Storyset

DeFi(ディーファイ)とは、ブロックチェーン技術を用いたネットワーク上に構築された金融エコシステムの総称です。

Taka
後ほど説明するPancake SwapやUni Swapといった分散集権型の取引所(DEX)がDeFiに含まれます。

聞きなれない単語ばかりで理解しずらいですよね…
簡単に言うと、金融取引を全自動で仲介してくれるシステムですね。
※DeFiとは「Decentralized Finance」の略で、日本では一般的に「分散型金融」と呼ばれています。

これ、めちゃめちゃ革命的なシステムなんです。

昔から、株を買ったりお金を借りたりする際には、銀行や証券会社といった金融機関を通していましたよね。
これは中央集権型といい、権力が一点に集中した形となっています。

現代では金融機関に絶対的な信頼があるため、あまり想像したこともないかと思いますが、不正取引なども秘密裏に行えちゃうわけです。まあ、ないとは思いますが(;^ω^)
また、人間の労力で運営されているため、24時間いつでも取引ができるわけではありません。

今回紹介するDeFiは、上記のような中央集権型の仕組みでデメリットだった部分を解決してくれます

DeFiには管理者がおらず、あらかじめ定められたルール(プログラム)が取引を実行します。さらに、取引の結果はブロックチェーン上に記録され、ネット上に公開されます。

そのため、権力がひとつの組織に集中することなく、より透明性の高いサービスをとして機能しています。
もちろん取引できる時間が限られることもありません。

またDeFiでは、取引所に資金(仮想通貨)を預けた際の金利が桁外れて高いです。預ける取引所や資産(仮想通貨)の種類にもよりますが、年利10~100倍以上もの利子が付くものもあります。

なぜこんなにも高い利子が付くか気になりますよね。この仕組みは説明が難しいのですが、簡単に言うと管理者のいない取引所に動力源を与えることにより、高い報酬を受け取るといった形で成り立っています。

なお、取引所に資金を預けて報酬をもらうことを『流動性マイニング』と言い、報酬は各ユーザが取引時に支払う手数料からまかなわれています。

DeFiの種類

前述でも少し触れましたが、DeFiには様々な種類の分散型取引所(DEX)があります。
例として、代表的な分散型取引所(DEX)であるUni SwapとPancake Swapについて説明します。

Uni Swap

Uni Swapとは、イーサリアム上に構築された分散型取引所(DEX)です。

Uni Swapが提供するサービス

  • スワップ(仮想通貨取引)
  • 流動性マイニング(通貨を預けて報酬をもらう)

Uni Swapでは、独自通貨として「$ UNI」を発行しており、この「$ UNI」は『流動性マイニング』の報酬として支払われています。
※イーサリアム:ブロックチェーン技術を用いたアプリケーションの開発プラットフォーム

$UNI」の時価総額は、仮想通貨全体の中で19番目(2021年5月時点)に高く、注目されている銘柄の一つでもあります。

Uni Swapについて詳しく知りたい人は以下の記事を参照してください。

Pancake Swap

Pancake Swapとは、バイナンススマートチェーン上に構築された分散型取引所(DEX)です。

Uni Swapが提供するサービス

  • スワップ(仮想通貨取引)
  • 流動性マイニング(通貨を預けて報酬をもらう)
  • シロッププール(通貨を預けて報酬をもらう)

Pancake Swapでは、独自通貨として「$ CAKE」を発行しており、この「$ CAKE」は『流動性マイニング』の報酬として支払われています。

Pancake Swapは、先ほど紹介したUni Swapに比べて取引時の手数料が安いです。

コンテンツもUni Swapと同じくらい充実しているため、少額から始める人には最もお奨めしたい取引所ですね。

なお、「$CAKE」の時価総額は、仮想通貨全体の中で39位(2021年7月時点)となっています。

Pancake Swapについて詳しく知りたい人は以下の記事を参照してください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴やリスク、将来性や使い方まで徹底解説!【DeFi】

ゲスト PancakeSwapって何?特徴は? メリットやリスクを知りたい PancakeSwapの今後や将来性は? 買い方を知りたい! ステーキングのやり方を知りたい! 上記について回答します。 こ ...

続きを見る

DeFiのメリット

引用元:Web illustrations by Storyset

DeFiには不正取引の心配がないことや、24時間いつでも取引ができることなど、様々な特徴がありますが、

一番のメリットは、やはり流動性マイニングによって高額な報酬をもらえることです。

預ける仮想通貨の種類によって、リスクやリターンの高さが全然違ってくるので、自分に合ったやり方で資産運用することができます。
利率が高い案件は一攫千金を目指せる反面、高いリスクも伴いますので、リスクは把握したうえで運用していきましょう。

なお、本記事は参考程度として、投資は自己責任で行ってください。

DeFiのリスク

引用元:Web illustrations by Storyset

DeFiの利用にはもちろんデメリットも存在します。中でも、一番心配となるのがサービスの終了や運営側による資金の持ち逃げです。

DeFiには様々な分散型取引所(DEX)が存在しますが、詐欺のような悪質なプロジェクトも存在するため、最悪の場合は預けている資産がすべてなくなってしまうこともあります。

上記を防ぐために、whitepaperや公式サイトなどの資料に目を通し、運営側が信頼に足るか否かを見極めて利用しましょう。

また、国による規制にも注意する必要があります。昨今では中国を筆頭に、各国が仮想通貨の規制を強化しています。
2021年6月は、中国による仮想通貨の規制で全ての仮想通貨が暴落してしまいました。

これからはDeFiに対する規制も増えていくと考えられるため、各国の動きは注視しておきましょう。

本記事はこれで終了となります。ありがとうございました。

-CRYPTOCURRENCY

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.