CRYPTOCURRENCY

Polygon (Matic) とは?仕組みや将来性、使い方を徹底解説!【仮想通貨】

Taka
みなさん、こんにちわ!Takaです。

仮想通貨に興味のある人は『MATIC』や『Polygon』という言葉を聞くことがあるかと思います。

結論から言うと Polygonとは、イーサリアムのスケーラビリティ問題の解消を目的として始動したプロジェクトであり、MATICとはPolygonが発行する独自通貨の名称です。

本記事では、PolygonやMATICについて分かりやすいように解説してきます。
興味のある人はぜひご覧になってください(^^)

<目次>

Polygonとは

引用元:Web illustrations by Storyset

Polygonはイーサリアムのスケーラビリティ問題の解消を目的として2017年に始動したプロジェクトです。
当初はMatic(マティック)という名称でしたが、2021年にPolygonに改名されました。
※スケーラビリティ問題:イーサリアムの利用ユーザ数が開発当初に想定していたキャパを大幅に超えているため、処理速度が遅くなり、ガス代(手数料)が高額になっている問題。

Polygonの仕組みを簡単にに説明すると、メインであるブロックチェーン(イーサリアム)ではなく、「レイヤー2」という別のチェーンを使い、処理にかかる負担を軽減しています。

この仕組みにより、イーサリアムとは比べものにならないほどの処理速度と、手数料の安さを実現しています

また、Polygonプロジェクトでは、MATICという独自の通貨も発行しています。MATICはPolygonネットワークの基軸通貨であり、Polygon上のサービスを動作させるための必要不可欠な通貨となっています。(主にサービスを動作させるタイミングで、ガス代(手数料)として必要になります。

Polygonの特徴

Polygonの特徴を次の3点にまとめした。

  • ガス代(手数料)が安く処理が速い
  • イーサリアム上のレイヤー2に構築されている
  • イーサリアムと資金の受け渡しが可能

では、一つずつ解説していきます。

ガス代(手数料)が安く処理が速い

前述で「Polygonはイーサリアムとは比べものにならないほど処理速度が速く、手数料が安い!」と書きましたが、
具体的な数字で表現しないとイメージが付かない人も多いかと思います。

そこで、イーサリアムとPolygonの [手数料と処理速度] を数値で比較しました。
次の表はPolygon(ポリゴン)とイーサリアムを比較した結果です。

イーサリアム Polygon(ポリゴン)
取引手数料 約2000円 約0.01円
取引の速度(秒) 17(s) 2(s)
コンセンサス PoW→PoS PoS

※上記は2021年6月時点のもので、時間とともに変動していきます。

イーサリアム上のレイヤー2に構築されている

Polygonはイーサリアムネットワーク上の『レイヤー2』に構築されています。

レイヤー2上のPolygonは、ブロックチェーン(レイヤー1)の情報を基にして取引を実行し、取引の最初と最後の結果のみをブロックチェーン(レイヤー1)に反映します。また、メインブロックチェーン(レイヤー1)から分岐したブロックチェーンとして、独自のサービスの構築や仮想通貨の発行も可能となります。この仕組みを利用することでマイニング(承認作業)を削減でき、処理能力を大幅に向上させることができます。

Polygonには、現時点で既にShushi SwapやQuip Swapなど、Ethereumネットワーク上で有名なものをはじめ、さまざまなサービスが構築されています。

サービスはPolygon公式サイトから確認できます。

公式サイト

イーサリアムと資金の受け渡しがが可能

PolygonネットワークとEthereumネットワークでは、資金の受け渡しが可能となっています

というか

Polygonのサービスを使うには、EthereumネットワークからMaticネットワークに資金を移さなければなりません。
また、逆にPolygonネットワークからEthereumネットワークに資金を移すこともできます。

異なるネットワークに資金を移すときはBridge(ブリッジ)を使います。

以下は実際のブリッジサイトです。

Polygon Bridge

aavegotchi.com

Polygonの将来性

昨今イーサリアムのスケーラビリティ問題が話題となることも多く、代替案がいくつも出てきていますが、
その中でもPolygonプロジェクトは(処理速度とガス代に関して)特に顕著な結果を出しています。

さらに独自通貨のMATICは、時価総額が仮想通貨市場全体で17位(2021年7月時点)となっており、注目度の高さがうかがえます。

仮想通貨市場は、年々過熱しています。市場の成長と共にPolygonプロジェクトへの注目度もあがっていくことが予想されます。

MATICの価値も、Polygonプロジェクトの浸透と共に向上していくことでしょう。

本記事は参考程度として、投資する場合は自己責任で行ってください。

 

MATICのリアルタイムチャート



MATIC USD(マティック/米ドル)のリアルタイムチャートです。

Polygonの使い方

Polygonの使い方を知りたい方は、次の記事をご覧ください。
初めての方にもわかりやすいように、実際の画面操作を通して解説しています。

Polygon(Matic)ネットワークへの接続方法や送金方法をゼロから解説!【メタマスク】

Takaみなさん、こんにちわ!Takaです。 本記事ではPolygon(旧Matic)ネットワークの触まり方を、実際の画面操作を通して解説していきたいと思います。 初心者がゼロからでも始められるように ...

続きを見る

本記事は以上で終了となります。ありがとうございました。

-CRYPTOCURRENCY

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.