PRこの記事には商品プロモーションを含む場合があります。

書き方

【アフィリエイト】ブログ記事の文章の書き方(10個のコツ)

Taka
会社員がブログ運営4カ月で月2万PV達成。4年目の現在は3サイトを運営しています。 こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事では 説得力が出る文章構成や、違和感のない文章を書くためのコツ・テクニックを紹介していきます。

ライティング能力ゼロだった僕でも、この記事のノウハウを意識して読まれる文章をつくれています。

記事の内容を意識するだけで 上位記事と同レベルの文章を書けるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログ記事の構成

画像(ブログ記事の構成)

ブログ記事は一般的に

  • 導入文
  • 本文
  • まとめ

で構成されています。

この記事は「本文における文章の書き方」に特化した記事です。

あらかじめ記事構成を整えたうえで行うフェーズになるので、記事構成がまだの方は次の記事から読み進めてみてください。

【必須知識】ブログ記事の構成・書き方のテンプレート(ひな型)を解説【アフィリエイト】

【必須知識】ブログ記事の構成・書き方のテンプレート(ひな型)を解説【アフィリエイト】

文章の重要性

読みやすい文章は、ブログにおいてもっとも重要なポイントです。

ブログ記事はネットさえ使えればだれでも無料で読めますよね。

これはめちゃくちゃ便利なんですが、無料がゆえに「お金を払って読む雑誌や小説」とくらべて、読者の(記事を読む)モチベーションは低いです。

みなさんも以下のような経験はありませんか?

  1.分からないことを検索する
2.複数のサイトをざざっと読み流す

3.求めている答えが見つからない...

4.最初に開いた記事を改めて読んでみる
5.答えが書いてあった!

ブログ記事の場合、読者は文章をじっくりよまないうえ、少しでも読みにくいと感じたら、すぐに別の記事を開きます。

だから分かりやすくストレスを与えない文章を書かなければ、記事を読んでもらえないんです。

ブログ記事の文章の基本

まずはブログで文章を書く時の基本をお伝えします。

  1. 文章構成はPREP法を意識する
  2. 「です、ます」または「だ、である」で統一する
  3. 小学生でも読める文章を意識する

上記はライティングのベースとなる必須知識なので、必ずおさえておきましょう。

文章構成はPREP法を意識する

論理的でわかりやすい文章を作るためにPREP法を意識しましょう。

PREP法
  1. Point(結論)
    ~です。
  2. Reason(理由)
    なぜなら~だから。
  3. Example(具体例)
    たとえば~。
  4. Point(再び結論)
    このように、~なんです。

PREP法は読者に「自分の意見を伝えること」に長けていて、企業のプレゼンなどでもよく使われています。

Example

[結論]
説得力がある文章を書きたいならPREP法を使いましょう。

[理由]
なぜなら最初に要点を述べることで、後半の内容がスッと頭に入いりやすいから。

[具体例]
この文章だってPREP法の構成に沿って執筆しただけで、こんなに読みやすくなっています。

[結論]
PREP法を用いるだけ、でだれでも上手な文章を書けるようになるので、ぜひ利用してみてください。

いかがですか?理由や具体例を明記することで、文章に説得力がでてますよね。

もちろん見出しによってはPREP法を使えないケースもあります。自然に使えそうな場面でのみ活用しましょう。

「です、ます」「だ、である」で統一する

文章の語尾は

  • です。ます。 調
  • だ。である。 調

のどちらかで統一しましょう。

「語尾の統一」はライティング全般における基礎知識なので、混同していると素人だと思われて記事を読んでもらえません。

どちらを選ぶかは好みの問題ですが、個人ブログの場合は「です。ます。」調をおすすめします

です。ます。調の特徴
  • やわらかい印象を与える
  • 文末表現のパターンが豊富

⇒個人サイトに向いている

だ。である。調の特徴
  • 固い印象をあたえる
  • 文末表現のパターンが少ない

⇒専門的なサイトや法人サイトに向いている

文末表現の注意事項については記事の後半「上手な文章を書く10コのコツ ― 同じ語尾の連続は2回まで」で解説します。

小学生でも読める文章を意識する

専門的で難しい表現は、小学生でも理解できるようにかみ砕きましょう。

難しい内容になると、どうしても読者にストレスがかかり離脱率が上がってしまいます

このポイントで離脱されるのを防ぐためにも、簡単な表現になおすことが重要になるんです。

×:悪い例

ブログで収益を上げるためには「PV・CTR・CVR」 の3つを意識しましょう。

PVが重要視される傾向にありますが、PVだけがたかくてもCTRが低ければ収益は見込めませn。

CVRを最大化させるためは、PVとCTRの両方を高める必要があります。

〇:良い例

ブログで収益を上げるためには以下3つを意識しましょう。

・PV :記事が表示された回数
・CTR:表示された記事に対する広告クリック率
・CVR:表示された記事に対する成約率

PV(記事の表示回数)だけが重視されがちですが、表示回数が多いだけで、広告がクリックされなければ収益は見込めません。

成約率を最大にするためには、PV(記事の表示回数)とCTR(クリック率)の両方を高める必要があります。

どうですか?内容は同じですが、表現が違うだけでこんなにも変わるんです。

専門的な用語を使う場合は言い回しを変えたり、補足するなどして、できるだけ分かりやすくまとめていきましょう。

ブログ本文における文章の作成手順

ここからはブログ文章の作成手順を解説します。

  1. 見出しごとに方向性を明確にする
  2. 伝えたいことを論理的に整理する
  3. 本文を執筆する

とても簡単・単純な作業ですが、これをやるとやらないとでは記事の質がめちゃくちゃ変わるのでぜひ実践してみてください。

見出しごとに方向性を明確にする

まずは見出しごとに「伝えたいことの方向性」を明確にしましょう

方向性を明確にしないまま書くと、記事の方向性がズレる恐れがあります。

画像(見出しごとに方向性を明確にする)

こんな感じですね。

ポイント

1つの見出で伝えることは1つだけ。

伝えたいことが2つも3つもあると、最終的に何を言いたいのかがわからなくなります。

伝えたいことを論理的に整理する

伝えたいことの方向性を明確にしたら、論理的に整理しましょう。

ここで言う 論理的な整理 とは「伝えたいことを PREP法の型にはめる」こと。

画像(伝えたいことを論理的に整理する)

これをやると執筆のスピードがあがるうえ、文章の質がめちゃくちゃ高くなります。

実際にこの記事も上記のやり方で作っています。

本文を執筆する

ここまでの手順ですでに「文章の論理的な整理」が完了しています。

あとはメモをベースに執筆していきましょう。

とはいっても 言い回し や 接続詞 を整える程度で完成です。

めちゃめちゃ簡単ですよね。とても効果的なのでぜひ試してみてください。

上手な文章を書く10コのコツ

ここからは上手な文章を書くためのコツ・テクニックを10コ紹介していきます。

上手な文章を書くためのコツ
  • まわりくどい表現はNG
  • 同じ語尾の連続は2回まで
  • 接続詞のパターンを豊かに
  • 文頭での句読点は避ける
  • 箇条書きを意識する
  • 余計な表現はなるだけ削る
  • 漢数字ではなく算用数字を使う
  • 不要な修飾語は削る
  • 接続助詞は連続しないように
  • 「これ、それ、あれ」は避ける

これは応用編になるので、絶対にやらなきゃいけないというわけではありません

一度にすべてやろうとしてもなかなか難しいと思うので、少しづつ意識していきましょう。

まわりくどい表現はNG

回りくどい表現は読者にストレスを与えます。できるだけ簡潔に伝えましょう。

×:悪い例

この見出しではブログ記事における文章の書き方をお伝えします。みなさんは読者の関心を得るためにどのようなことを意識して文章を書いていますか?ぼくは初心者の頃、このフェーズでめちゃめちゃ悩んだんですが、約2年の経験を経てやっと答えにたどり着きました。ブログ記事における文章はPREP法を用いて作ると効果的なんです。

〇:良い例

ブログ記事の文章はPREPを意識して執筆しましょう。

長ったらしい文章を読むのは疲れますよね。はやく答え教えてよ!ってなります。

最初に読者の悩みを解消してスッキリしてもらうためにも、まずは結論から述べましょう。詳しい説明はその後で大丈夫です。

同じ語尾の連続は2回まで

「~ます。」「~です。」など、文章の語尾は連続して同じものを使わないようにしましょう。

文章の語尾が連続すると、読み手に違和感を与えます。

×:悪い例

私は猫より犬が好きです

犬の方が人懐っこくて可愛いからです

もちろん猫も嫌いじゃないです

〇:良い例

私は猫より犬が好きです

犬の方が人懐っこくて可愛いんですよね

もちろん猫も嫌いじゃないですよ

こんな感じで、語尾が連続しない方が人間味がでますよね。

2回までならそんなに気になりませんが、3回以上の語尾の連続は避けましょう

接続詞のパターンを豊かに

同じ接続詞が続くと文章に違和感が出ます。そのため接続詞のバリエーションは豊富にしておきましょう。

×:悪い例

読みやすい文章はブログにおける重要要素のひとつです。

なぜなら読者のブログに対するモチベーションが低いから。

たとえば 有料の小説や漫画は一言一句読むのに対し、ブログはざっと流し読み程度ですよね。

このような理由から、流し読みでも理解できるよう、分かりやすい文章を書く必要があるんです。

また、ユーザニーズの深堀もブログの大切な要素になります。

なぜならニーズを深堀市内で記事を書くと、読者のニーズとずれた内容になる恐れがあるから。

たとえば「ブログの記事構成の作り方」を知りたい向けて「リード文の作り方」の記事を書いても満足してもらえません。

このような理由から、ユーザニーズの深堀は忘れないよう実施しましょう。

〇:良い例

読みやすい文章はブログにおける重要要素のひとつです。

その理由は読者のブログに対するモチベーションが低いから。

具体的に 有料の小説や漫画は一言一句読むのに対し、ブログはざっと流し読み程度ですよね。

だから流し読みでも理解できるよう、分かりやすい文章を書く必要があるんです。

また、ユーザニーズの深堀もブログの大切な要素になります。

なぜならニーズを深堀市内で記事を書くと、読者のニーズとずれた内容になる恐れがあるから。

たとえば「ブログの記事構成の作り方」を知りたい向けて「リード文の作り方」の記事を書いても満足してもらえません。

このような理由から、ユーザニーズの深堀は忘れないよう実施しましょう。

以下にはPREP法で使える接続詞のレパートリーをまとめています。

PREP法で使える接続詞

[理由]
理由は、なぜなら、根拠は、理由としては

[具体例]
例えば、具体的に、実際に、分かりやすく言うと、かりに、

[結論]
そのため、だから、要するに、繰り返しますが

文頭での句読点は避ける

ブログ文章は接続詞が多くて文頭に句読点がつきがちですが、見た目に違和感がでるため避けた方が良いです。

×:悪い例

リード文はブログ記事における最も大切な要素のひとつです。

なぜならリード文が魅力的でないと、どれだけ中身が良くても読者が離脱してしまうから。

たとえば美味しい料理は作れるが見栄えが悪くてお客さんがこない飲食店のようなものです。

このようにリード文はお客さんを引き寄せるエントランスになるので、とくに力を入れて書きましょう。

どれも同じような場所に句読点がついているので、見栄えが良くないですよね。

句読点がなくても違和感がなければ削除。そうでなければ、句読点の位置をうしろにずらしましょう

〇:良い例

リード文はブログ記事における最も大切な要素のひとつです。

なぜならリード文が魅力的でないと、どれだけ中身が良くても読者が離脱してしまうから。

たとえば美味しい料理は作れるが見栄えが悪くてお客さんがこない飲食店のようなものです。

リード文はお客さんを引き寄せるエントランスになるので、とくに力を入れて書きましょう。

文頭の句読点をなくしただけで、見た目の違和感がなくなりましたよね。

このように、文頭では句読点を多用しないよう心がけましょう。

箇条書きを意識する

長文になりそうなときは箇条書きを意識しましょう。

複数の物事を1文にまとめようとすると、どうしても文章が長くなってしまいます

×:箇条書きを用いない場合

このボールペンはシンプルなデザインでインクもちも良く、コンパクトで持ち運びやすいのが特徴。これらの理由から若年層に人気の商品となっています。

このような場合は、箇条書きを使うと文章全体がスッキリします。

〇:箇条書きを用いた場合

このボールペンは次の特徴をもち、若年層に大人気の商品になります。

・シンプルなデザイン
・インクが長もちする
・コンパクトで運びやすい

いかがでしょうか。箇条書きを使った文の方が頭にはいりやすいですよね。

このように箇条書きするだけで「読みずらい長文⇒スッキリして読みやすい文章」にミラクルチェンジできるんです。

余計な表現はなるだけ削る

下記のような表現は文章を回りくどくするため、削ってしまいましょう。

余計な表現
  • ~すること
  • ~という
×:「~すること」の例

ブログにおいて、キーワード選定することはとても重要です。

〇:「~すること」を削った場合

ブログにおいて、キーワード選定とても重要です。

×:「~という」の例

ラッコキーワードというツールは、キーワード選定に欠かせないツールです。

〇:「~という」を削った場合

ラッコキーワードキーワード選定に欠かせないツールです。

漢数字ではなく算用数字を使う

ブログの文章では基本的に算用数字を使いましょう。

その理由は以下2点です。

  • 横書きの文章は算用数字が基本
  • ブログは見映えを重視するため、漢字はできるだけ少なく

算用数字は漢数字とくらべて文章がスッキリして見えます。

ただし単語の構成用語として漢数字が用いられる場合は、算用数字に直す必要はありません

漢数字でOKな例

二日酔、三権分立、一石二鳥

一般的に漢数字が使われるものはそのまま記載しましょう。

あまり難しく考えず「調べてみて漢数字が使われてなければ算用数字で書く」で大丈夫です。

不要な修飾語は削る

修飾語は言葉のイメージを膨らませるための便利な品詞ですが、多すぎると文章が長くなります。

そのため不要な場面では修飾語は削りましょう

×:悪い例

すごく大きな音がしたが、かわいい彼女はまったく微塵も動じていなかった。

〇:良い例

大きな音がしたが、彼女はまったく動じていなかった。

ポイント

形容詞にかかる修飾語を削るとスッキリします

・とても大きい⇒大きい
・すごく少ない⇒少ない

格助詞「と」「や」は連続しないように

複数の人物・ものを指定するときは、格助詞「と」「や」を使います。

わたしのすきな食べ物は ラーメン カレーです。

対象が3つ以上になる場合は、先頭だけ「と」「や」を使い、その後は「、」で単語をつなぎましょう。

わたしのすきな食べ物は ラーメン カレースパゲッティハンバーガーです。

指示詞「これ、それ、あれ」は避ける

指示詞「これ、それ、あれ」は 対象が何なのか分かりにくいです。

できるだけ使わないようにしましょう。

×:指示詞を使った文章

これを達成ために、あれが必要なんです。

〇:良い例

売り上げ1億円を達成するために、新製品の開発は必要なんです。

「これ」「あれ」が指している対象を 読者が判断する必要があるため、指示詞を使った文章は読み手にストレスがかかります。

見映えが良くなる工夫

ここまで文章を上手に書くためのコツについて紹介してきましたが、ここからは記事全体のルックスをよくするテクニックについて解説していきます。

  • 装飾をつかう
  • 画像をはさむ
  • 漢字・ひらがなのバランスを意識する
  • 1文をできるだけ短くする
  • 1つの見出しは5段落以内に

装飾をつかう

文章ばかり続く記事は読む気になりません。

見栄えを華やかにするため、また大切なポイントがどこなのか分かりやすくするためにも装飾を活用していきましょう

【装飾なしの場合】

画像(装飾なしの場合)

【装飾ありの場合】

画像(装飾ありの場合)

装飾ありの方がポイントを押さえやすく、読みやすいですよね。

画像をはさむ

説明がむずかしく長文になるようなものは、画像を使って解説しましょう。

文章だけで伝えるのには限界があります

簡潔かつスッキリした文章が求められるブログではなおさら。

【画像なしの場合】

画像(画像なしの場合)

【画像ありの場合】

画像(画像ありの場合)

記事全体の見た目や雰囲気にしても、画像があった方が良い印象を受けますよね。

漢字・ひらがなのバランスを意識する

ブログで文章を書くときは「漢字3割:ひらがな7割」の比率を意識しましょう。

漢字が多い文の特徴
  • 硬いイメージを与える
  • かな文字より空白が少なく、文章がギュッとして見える

ブログではやわらかく、スッキリとした文章が求められるので、漢字は少なめが良いわけです。

×:悪い例

は検索上位の競合記事を熟読して、文章の書き方を学習しています。

〇:良い例

わたしは上位のライバル記事から、執筆のノウハウを学んでいます。

ひらがな多めの方がスッキリした文に見えますよね。

バランスをとるためのコツは、かな文字(カナ文字)にして不自然にならない場合は漢字は使わないこと。

ひらがなで表現できる漢字

私(わたし)
仮に(かりに)
等(など)
是非(ぜひ)
時(とき)
例えば(たとえば)
出来る(できる)
~の様に(~のように)
上手く(うまく)
更に(さらに) など

カタカナ(アルファベット)で表現できる漢字

機会(チャンス)
~の際(~のタイミングで)
早い(スピーディー) など

1文をできるだけ短くする

1文が長いとスマートフォンで見た時の見栄えが悪いです。

そのため、1文はできるだけ短く書きましょう。

画像(1文をできるだけ短くする)

パソコンではスッキリして見えますが、スマホの場合は文字だらけですよね。

具体的に1文50~60文字以内に収めると見やすくなります。

1つの見出しは4段落以内に

「1文をできるだけ短くする」ことと併せて「1見出し4段落以内におさめる」と最高に見やすくなります。

画像(1つの見出しは4段落以内に)

1見出し4段落にすると、スマホ画面に1つの見出しが丸々収まります

見出しの先頭~末尾までがひと目で見えると、内容が頭に入りやすいのでユーザフレンドリーな文章になります。

Attention

どうしても説明が長くなってしまうものなど、4段落以内に収めるのが難しい見出しもあるので、できる限りで大丈夫です。

ライティング能力をアップする方法

文章を書き慣れてない初心者の方は、他のサイトを見て「みんな文章うまいなぁ~」と思うことがあるかと思います。

Taka
ぼくも文章が苦手だったので、どうやったら上手になるのかめちゃくちゃ悩みました。

そんな方に向けて、ライティング能力を飛躍的にアップするための手段を紹介します。

ライティング力をアップする方法
  • 競合の文章と比較してみる
  • 競合の文章を模写してみる

上位サイトの記事を読むのもひとつの手ですが、読むだけでは書けるようになりません

インプット と アウトプットを同時に行い、効率的に上達していきましょう。

競合の文章と比較してみる

結論「上位のライバル記事」と「自分の記事」で、文章を比較するのがもっとも効率的です。

検索上位の記事はGoogleとユーザの両方から評価されている模範解答です。

学校のテストで答え合わせするのと同じですね。

やり方
  1. 練習として狙うキーワードを決める
  2. キーワードを実際に調べて上位5記事を見る
  3. もっとも丁寧に作られている記事の見出しをすべてコピー
  4. コピーした見出しをExcelにペースト
  5. 見出しごとに文章を書く
  6. コピー元の記事と作成した文章を比較してみる

実績のあるライバルが「どんな風に文章を書いているのか」参考にすると、読みやすい文章の書き方が身につきますよ。

Attention

ライバル記事を参考に練習するのは良いですが、文章を丸々コピーして投稿するのはNGです。

著作権を侵害する恐れがあるので絶対にやめましょう。

競合の文章を模写してみる

「検索上位の記事」と「自分で書いた記事」の比較が難しければ、競合記事の模写 から始めましょう。

模写は記事を読むだけの学習より、はるかに効率的です。

模写の場合、

  • 記事を読む  =インプット
  • 文章を書き写す=アウトプット

を同時におこないますよね。

文章の型や言い回しを体にしみこませるといった意味でも、模写はとても効果的な学習方法です。

執筆のあとは見直ししよう

記事が完成したら半日ほど時間をおいて見直しましょう。

自分が書いた文章は、他人が書いた文章よりミスや間違いに気づきにくいです

執筆直後であれがなおさら。

少し時間をおくと自分が書いた文章でも客観的に見れるようになるので、ミスに気づきやすくなります。

見直しの際のポイント
  • 小学生でもわかるような簡単な文章・言い回しになっているか
  • 誤字脱字はないか

まとめ

ここまで上手な文章を書くコツを紹介してきました。

最後に重要なポイントを復習していきましょう。

  • 小学生でも理解できる文章を目指す
  • PREP法を意識した文章を考える
  • 文章はいきなり書き始めない
  • スッキリかつ簡潔な文章を意識する

ブログにかぎらず、文章は奥が深いです。

コツさえつかめば 読み手が引き込まれるような文章を 書けるようになるので、、コツコツ文章力を高めていきましょう。

この記事は以上になります。ここまで読んでいただきありがとうございました(^^)/

-書き方

Copyright© タカログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.