PROGRAMING

JSPの基礎を理解しましょう

1. JSPの概要

WebアプリケーションはサーブレットとJSPの連携によって動作します。

JSPは主に、サーバサイドで行われた処理をWebブラウザに表示する役割を担っています。そのためWebページに表示されるデザインの変更を行う場合などはJSPファイルを修正します。

また、JSPファイルはHTMLの中にJavaを埋め込む形で作成され、リクエスト時には自動的にサーブレットクラスに変換されるため、サーブレットクラスと同様の処理も行うことができます。

2. 基本構文

基本構文には以下のものが存在します。

<%@ page ~>      …➀ディレクティブ
<% ~ %>         …➁スクリプトレット
<!DOCTYPE html>      …➂HTMLテンプレート
<html>
<head></head>
<body></body>
</html>

上記はJSPファイルを作るうえで最低限記載が必要なコードとなります。※➁は任意のため記載しなくてもよい

これらの他にも次のような基本構文が存在します。

<%-- ~ --%>      …➃コメント
<%!  ~   %>       …➄スクリプト宣言
<%=  ~   %>     …クリプト式
<jsp: ~   />          …アクションタグ

 

➀ディレクティブ

 

➁スクリプト

 

➂HTMLテンプレート

 

➃コメント

 

➄スクリプト宣言 

 

➅スクリプト式

サーブレットで言うSystem.out.printのと同様で、変数の出力を行うことができます。

<%= Javaのコードを記載 %>

<例>

<%= 変数名 %>

<%= 演算式 %>

<%= オブジェクト.メソッド %>

➆アクションタグ

 

3. サンプルコード

-PROGRAMING

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.