Java

【Java Servlet】 スコープの概要や種類に関して解説していきます

1. スコープの概要

スコープとはインスタンスをWebアプリ内で保存できる領域のことです。
この領域を使用することで、サーブレット間でのインスタンスの受け渡しを行うことができます。

簡単な例とイメージ図を下に示します。

サーブレットAからサーブレットBにフォワード(処理を転送)するとき、サーブレットAで使っていたインスタンスをサーブレットBでも使用したい!

→サーブレットAでスコープを作成してインスタンスを格納、次にサーブレットBでインスタンス名を指定して取得。

2. スコープの種類

スコープには複数の種類が存在し、種類によってインスタンスの保存範囲が異なります。

リクエストスコープ :リクエスト毎に生成されるスコープ(データの保存領域)で、レスポンスが返されるまで利用可能
セッションスコープ :HTTPセッション間でインスタンスを共有する。ログアウトorブラウザを閉じるor一定時間経過するまで利用可能(有効期限は開発者が管理できる)
アプリケーションスコープ :共有データの管理などに用い、Webアプリケーションが終了するまで利用可能

 

各スコープに関しては、以下で詳しく説明します。

リクエストスコープ

セッションスコープ

アプリケーションスコープ

3. スコープへのインスタンスの保存

スコープにはStringやIntegerといったインスタンスを保存しますが、基本的には「JavaBeans」というクラスのインスタンスを保存します。

JavaBeansは以下の特徴を持ったインスタンス格納専用のクラスです。(情報を保存する管理センタのようなものですね)

・独立性の向上
・インスタンス格納のためのルールが定められている

 

JavaBeansについては以下で詳しく解説しています

JavaBeansとは? 仕様や作り方をわかりやすく解決します

JavaBeansはスコープ(リクエスト・セッション・アプリケーション)を通して、インスタンス情報を保持・受渡しするためのクラスです。   JavaBeansとは JavaBeansクラスの ...

続きを見る

 

以上でこの記事は終了となります。ありがとうございました(^^)

-Java

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.