Java

Java Servletとは?Webアプリケーションの仕組みを解説します(初心者向け)

Webページ表示の仕組み

まず、Java サーブレットを理解するうえでWebの仕組みを知っておく必要があります。

普段私たちが見ているネット記事は、HTMLで作成されたWebページを「Internet Explorer」や「Google Chrome」といったブラウザで表示したものです。
※「F12」キーを押すとみているページのHTML記述を見ることができます。

 

もう少し細かく見てみると、ブラウザからWebサーバにリクエスト(要求)を送り、レスポンス(返答)を受け取ることにより処理のやり取りをしています。

 

Java Servlet とWebアプリケーションの仕組み

ここまでWebページの表示方法を説明しましたが、これはフロントサイドの仕組みです。

次にサーバサイドの仕組みを説明します。

フロントサイドの裏側では、サーバの中で様々な処理が発生しています。

Webアプリケーション :Webサーバで公開したアプリケーションをブラウザで表示したもの

 

図中の赤枠内にあるWebアプリケーションの中核となるプログラムをサーバサイドプログラムといい、サーバサイドプログラムを実現する技術をJava Servlet(サーブレット)といいます。

また、サーバサイドプログラムを実現する技術としてJSPという技術もあります。

それぞれJSPファイル・サーブレットクラスと、プログラムとして作成でき、JSPファイルは主に画面表示と裏処理をつなぎ、サーブレットクラスは裏で処理を行います。

 

JSP :Webサーバ上でWebページを作成する技術でHTMLとJavaのプログラムが合体したもの
サーブレット :Webサーバ上で動作する技術で、javaで作成されるプログラム

 

-Java

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.