Eclipse

【Eclipse】Tomcat設定しましょう!登録や起動、停止方法を解説します

今回は、Eclipse 内でサーバを建てる方法を共有したいと思います。これは主に、WebサイトやWebアプリケーションを開発するときに使用されます。

作業の前提条件として、JDKのインストールやパスの設定、Eclipseのインストールが完了している必要があります。下のサイトに手順を記載しているので参考にしてみてください。もちろん無料です(^^♪

クリック
Eclipse【java環境構築】

    みなさんこんにちわ! 最近はプログラミングに関して耳する機会も多くなり、個人で開発する人も増えてきてますよね。 そんな中、仕事や副業、また独立のためにプログラミングを勉強し ...

 

1.(前準備)アプリケーションの作成

最初の前準備として、後でTomcatサーバに設定するアプリケーション(新規プロジェクト)を作成していきます。

1.まずはEcripseの画面を整えましょう。

下画像の赤枠内のアイコンを押して、javaEEを選択してください。

 

2.「プロジェクト・エクスプローラー」の空白部分で右クリック→「新規」→「その他」を選択します。

 

3.ポップアップ画面が表示されるので「動的Webプロジェクト」を選択します。

 

4.「プロジェクト名」を入力し、完了を押します。(例:Sample)

 

5.プロジェクトが作成されているので、その上で右クリック「新規」→「その他」を選択します。下の画面が表示されたら、「サーブレット」を選択します。

 

6.「javaパッケージ」は空欄のまま、クラス名(例:test)を記載し、完了を押します。

 

7.test.javaファイルをダブルクリックで開き、下記コードを上書きで張り付け保存します。

import java.io.IOException;

import javax.servlet.ServletException;

import javax.servlet.annotation.WebServlet;

import javax.servlet.http.HttpServlet;

import javax.servlet.http.HttpServletRequest;

import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

@WebServlet("/test")

public class test extends HttpServlet {

private static final long serialVersionUID = 1L;

protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)

throws ServletException, IOException {

response.getWriter().write("succeeded");

}

}

 

※上記のプログラムには「succeeded」を表示するコードが記載されています。

(貼り付け後の画面)

 

以上でアプリケーションを作成できました。

2.Tomcatサーバの登録と起動・停止

この章では、Tomcatサーバの登録から起動・停止をステップに分けて解説していきます

step
1
Tomcatサーバの登録

Eclipse下側の区切りの「server」を選択します。

(serverがない場合は、「ウィンドウ」→「ビューの表示」→「その他」→「サーバ」→「サーバ」で表示できます。)

次に、serverタブ下の空欄部で右クリック→「新規」→「サーバ」を選択します。

 

「Tomcat v9.0 サーバ」を選択し、完了を押します。

 

step
2
Tomcatサーバの起動

正常に登録できできたかの確認としてTomcatサーバを起動します。実行ボタンを押してください。

 

実行してエラーが出ない場合は成功です。確認後はアプリケーションをを終了してください。

エラーが出たらここをクリック!

対処方法です!

※実行時に以下のようなエラーが発生した場合は、実行中のTomcatとApachを停止するか、サーバ側のポート番号を変更する必要があります。

 

 

ポート番号の変更手順としましては、まずサーバをダブルクリックし、次にポート番号を変更します。最後に保存を押して完了です。

 

 

もう一度実行して、エラー表示がなくなると成功となります。確認後はアプリケーションをを終了してください。

 

step
3
Tomcatサーバの停止

Tomcatサーバを停止します。赤枠内の停止ボタンを押してください。

 

3.Tomcatサーバでアプリケーションを動作させましょう

1.サーバにアプリケーションを追加します。

サーバ上で右クリック→「追加および除去」を選択します。

 

2.先ほど作成したプロジェクト(Sample)を追加して完了します。

 

3.Tomcatサーバを起動します。

先ほどと同じように実行ボタンを押して、サーバを起動します。

 

3.確認を行います。

サーバを実行し、ブラウザ上で次のURLを検索します。

http://localhost:8080/Sample/test

URLは【http://ホスト名:ポート番号/プロジェクト名/@Webservletの値】で構成されています。※@Webservletの値はファイル内に記載してあります。

 

上の画面が表紙されれば成功となります。

 

以上で終了です。お疲れ様でした。( ̄▽ ̄)

-Eclipse

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.