Eclipse

【Eclipse】ApacheとTomcatを無料でインストールする方法

Webアプリケーションを作成する際、必要となってくるのがApacheとTomcatです。

このページでは、ApacheとTomcatのインストール方法を共有していきたいと思います。

1.ApacheとTomcatとは

2.【無料】Apacheのインストール方法

手順としては、まず公式サイトからApacheのインストーラをダウンロードして、次にインストールを行っていきます。

step
1
Apacheのダウンロード

Apacheのダウンロードは下記のサイトから行います。

https://www.apachelounge.com/download/>

リンクを押すと次の画面が表示されます。

ここでは、使用しているPCの性能にあったものを選択し、任意の場所にダウンロードを行います。

PC環境を確認する場合はここをクリック!

PC環境の確認方法デスクトップ左下の「Windowsマーク」を押し、「歯車」を選択すると以下の画面が表示されます。

 

「システム」を選択し、「バージョン情報」タブを選択します。

以下画面の、赤枠内で確認ができます。

 

 

step
2
Apacheのインストール

ダウンロードしたhttpd-2.4.43-win64-VS16.zipファイルを解凍(展開)し、中にある「Apache24」フォルダをCドライブ直下にコピーします。

(僕は、Cドライブに「Apache」フォルダを新規作成して、その中にコピーしました。)
 

 
次は、解凍した「Apache24」フォルダ内の「bin」フォルダを開きます。
 

 

エクスプローラーはいったんそのままにしておいて、次に「コマンドプロンプト」を開きます。

コマンドプロンプトの開き方

Windows画面左側にある検索ボックスに「cmd」と入力して、表示された

検索結果の「コマンドプロンプト」を右クリック→「管理者として実行」を押します。

 

※この時、ポップアップ画面で「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と出てきたら、「はい」を選択してください。

→以下の画面(コマンドプロンプト)が表示されます。
 

次に、エクスプローラーの「bin」フォルダのpassをコピーします。
(下記赤枠内を全選択してコピー)
 

 
コマンドプロンプト画面を表示して、<cd コピーしたpass>を記載してEnterを押します。

(例)cd C:¥Apache¥Apache24¥bin

 

以下のコマンドを入力し、Enterを押します

httpd.exe -k install

 


 

エラーが出る場合はここをクリック!

上のコマンドを実行すると、次のようなエラー文が表示される場合があります

「httpd: Syntax error on line 36 of C:/Program Files/apache/Apache24/conf/httpd.conf: ServerRoot must be a valid directory」

以下はその対処法です。※エラー文が出ないなら正常にインストールができています。

まず<C:¥Apache¥Apache24¥conf>の下にある「http.conf」ファイルを開きます。

下記青枠内の<C:¥Apache24>を「Apache24」フォルダのURLに書き換えてください。※僕の場合は<C:¥Apache¥Apache24>に書き換えました。

 

step
3
Apacheの起動

最後にApacheを起動させましょう。

まずウィンドウ画面左下にある検索ボタンに「サービス」と入力し、サービス画面を表示します。「Apache」を右クリックし、起動を選択します。

※起動すると、状態が「実行中」となります。

 

step
4
正常にインストールできたかの確認

正常に動作しているかの確認として、インターネットエクスプローラーのURL欄に「localhost」を入力してEnterを押します。

下記のように「It works!」と表示されたら成功です。

3.【無料】Tomcatのインストール方法

次にTomcatのインストール方法について解説していきます。

step
1
Tomcatのダウンロード

下記サイトからTomcatをダウンロードします。

http://tomcat.apache.org/

下の画像が表示されたら、Downlord下から任意のバージョンを選択します。(今回はTomcat10をインストールします。)

赤枠内の環境にあったzipファイルを選択し、任意の場所にダウンロードを行ってください。
※PC環境の確認方法は項目1(Apacheのインストール)で解説していきます。

zipファイルをダウンロードしたら任意の場所に展開(解凍)します。

step
2
Tomcatのインストール

展開したフォルダ内にある「apache-tomcat-10.0.0-M4」フォルダを任意の場所に配置します。
※バージョンによりフォルダ名が異なります。

(僕はCドライブ直下に「Tomcat」フォルダを作り、その下に格納しました。)

step
3
Tomcatの起動

※Tomcatを起動するにはJavaフォルダ(例:jdk1.8.0_72等)内にあるbinフォルダのPathが環境変数に設定されている必要があります

→以下のサイト(項目2)に設定方法が記載してあります。

クリック
【Eclipse】無料で簡単に行える! Java開発環境の構築方法

  プログラミングの勉強に興味がある方や、副業として初めて見たいという方は、自分のPCでjavaの勉強をしたいなんて思ったことありますよね。 今回は、PCでjava言語を使えるようにするため ...

続きを見る

 

では、起動していきましょう(^^♪

「apache-tomcat-10.0.0-M4¥bin」フォルダ内の「startup.bat」をダブルクリックして実行します。
※「アクセス許可」を問うポップアップ画面が表示された場合は、アクセスを許可してください。

step
4
正常にインストールできたかの確認

インターネットエクスプローラーでURL欄に「http://localhost:8080/」を入力してEnterを押します。

→以下の画面が表示されたらOKです!

step
5
サービスへの登録

最後にTomcatをサービスに登録していきます。
(サービスに登録することで起動や停止など、Tomcatをより簡単運用することができます。)

コマンドプロンプトを管理者として開き<cd (binフォルダまでのURL)>を打ち込みます。

(例)cd C:\Tomcat\apache-tomcat-10.0.0-M4\bin

次に以下のコマンドを打ち込み実行します。→下の画像のように表示された場合は成功となります。

service.bat install Tomcat10

最後にサービス画面を開いて、Tomcatが登録されているかを確認してください。

以上でこの記事は終了となります。ありがとうございました!(^^)!

-Eclipse

Copyright© タカログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.